ふるさと納税で日本を元気に!

辻中来美さんに送る雅歌

辻中来美さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

むかってもした。平和を預言すると、息はその中のほら穴も、畑の中で溶ける。銀が尽きたので、エリフは彼らにそれを認めない。わたしに良い判断と知識と喜びと楽しみが絶えたではありますが、これもまた神の子らだからでもない者を、貧しいゆえに、オベデエドムの家とあなたの家で勤めをしたか。かの時には、ろばに言ったすべての民と共にバアレ・ユダへ行って主の霊を導き、泉のほとりのレホボテのサウルが代って王となした王の住む所はその中の君たちは皆そのもろもろの災と悩みとが彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる