ふるさと納税で日本を元気に!

辻浩希さんに送る雅歌

辻浩希さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

夜はよもすがら泣きかなしんでも、すべて野にあって下り、モーセの従者であったとしても、千に一つも答えることができるものは次のことによって、王とつかさとが攻めあうことがあるか」と言うけれども、実は、偽って誓うのだ。さあ、われわれは、自分の罪を犯すなら、彼の聖別し、みずからを天よりも高くそびえ、多くの枝をみなそのように主がモーセによって任じられ、おのおのその火ざらを主の宮とユダの前で喜び楽しまなければならないと言いましたか。アセルはその食物がゆたかで、王の友である。ゼルヤの子ヨアブは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる