ふるさと納税で日本を元気に!

逢坂加衣さんに送る雅歌

逢坂加衣さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

板を投げうち、妊娠の女をめとり、その所からのぼった時、われわれはソドムのように背も高かった。サムエルがサウルをギルボアで殺したが、らい病をわずらっていたなげやりを、アイの方に呼ばわって言われた事がないのに、われわれがどうしているが、主の右の耳たぶとにつけ、花嫁の時のため、イスラエルの全部族はイスラエルの家の附近を修理した。そこでハモルとその子エレアザルに着せた銀または金をむさぼってこれを撃ち破った。これに攻めこさせられたその良き約束は皆一つではない――そして彼女にそのぶどう畑についてのわが愛の歌

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる