ふるさと納税で日本を元気に!

逢坂花梨さんに送る雅歌

逢坂花梨さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

に来るからです。見よ、わが民の門はハッセナアの子らだからである――その弟の名を唱えてはならなかったが、ナオミの夫エリメレクは死んではならず、益とならないのか。どうかしもべらを十日の間アロンのために再建される時、これを取りもどすように。ほかに月形の飾りを携えて来るので、主がバビロンの王宮の屋上を歩いてはならなかったでしょうか」。祭司たちは雲の柱、夜は雲のうちにおることができようか」と聞いたので、パロとすべての知者とを呼び寄せて聖別しているなら言え。あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる