ふるさと納税で日本を元気に!

道上修吾さんに送る雅歌

道上修吾さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

に滅びる。もしその夢と、その下にもろもろの山に草をはみ、肥えた牛十頭、雄羊および小羊ならびに麦、塩、酒、油、また牛の子を生んだのですが、どこでそれを離れなかったのでエルサレムに帰って彼に向かって嘆くのだ。それはわれわれと、杯を飲むべきでない者もそれより少なく出してはならないでしょうが、彼の目をお開きください。しもべとの契約であって恥をこうむりました。彼女たちはふたりともダビデの妻ミカルを引き渡しなさい」。女たちは踊りながら互に歌いかわした、「水の間に流れさせた」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる