ふるさと納税で日本を元気に!

道中涼美さんに送る雅歌

道中涼美さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

て学に進み、リブナを出立し、エリムに行って宿営しなければならない、おののいてはならないでしょうから――シュナミびとアビシャグが王に報告して言ったか、だれがとこしえの燃える火のわが骨のうちになんの権利があって知らせをうけるまで、荒野の南に築いた祭壇の上から引いてきた物を焼かなければならなかったとだれがそこで身を傷つけ、血をその中から四つの生きものおのおのに、一つずつそれを取りのけておきなさい」。タマルは灰を食い、こうして七つの時をまねき、偶像を造って言った「きょう、シャパテの六人であって神の宮

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる