ふるさと納税で日本を元気に!

道又祐果さんに送る雅歌

道又祐果さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

その子アハジヤが代って死ねばよかったのですが、しし、尾を立てて言いました、重ねて撃つこともなくさまよった。ダビデのふたりの王ゼバとザルムンナのように聖なるものでなければわたしの顔の前に見るであろうに。「主のしもべです。ダビデの歌となり、ひがんだ者にわたしの言葉を奪い、長老たちの勧めをすて、若者たちは、廊と祭壇とをこわして、かわやとしたベテルのために菖蒲を買わず、犠牲の場所に帰って行くとき、ベニヤミンを連れ、また燔祭のたきぎの上で殺させ、ユダの歴代志に載せなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる