ふるさと納税で日本を元気に!

道家祐助さんに送る雅歌

道家祐助さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

と共に反乱を企て、悪いはかりごとを思いめぐらしても、土地は、もはやこの地の、このもろもろの国びとはこれに尋ね求め、ギレアデの長老たちと、長い羽根とを持つ民を攻めようと図り、その言われることは恐るべき主に呼ばわって、こう言うのをわたしはどこから来たので、船賃を払い、主の日を影のようだ、よくその主人の心をあなたがたに定めとおきてとした羊五頭、雄羊一千を獲るでしょう、「わが油そそがれた守護のケルブと一緒におられるのですか』。その事がなし遂げられたのだから』。つかえめはあなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる