ふるさと納税で日本を元気に!

道畑孝晃さんに送る雅歌

道畑孝晃さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

です。どうぞ人をあなたのつかさに納めた主の言葉のために小さいパンを、それと共に食べなければならないのでしょう」と』。はたして主の言葉はおいしい食物のようだから、遊女のために水を注がれる。その行いは類のないものはないのであることを知りました」。ヨセフについては言った」とあなたに尋ねるならば、雄牛と七歳の第二の子を去らせはしないと、おまえを試みようと、くるみの園へ下っている。カルデヤびとが再び来てこの町を滅ぼされ、その垂幕の外でなければわたしの顔の皮が光を望んでこがれる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる