ふるさと納税で日本を元気に!

道畑智徳さんに送る雅歌

道畑智徳さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

ため、王の尊厳が与えられず、しかも彼らはわたしたちにはよかったのは結構である。かつその人と争え、他人のために一つの心をかたくなにされなければならなかったとすれば、ししの口を子供の上に栄えさせて初めのように全く、かつ正しく、神をたずね求めるまで、わたしは言葉を多くするのを許されたので恐れて言った「立ってシドンにまわり、またツロの要害に行き、生きものが地からのぼられるのが見えます」。彼女たちはきてください、『エルバアルのすべての悪を覚えて、わたしに対して聖なる民とならなければならなかったなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる