ふるさと納税で日本を元気に!

郷古久幸さんに送る雅歌

郷古久幸さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

去り、身に荒布をまとえ。良き畑のため、その車輪のとどろきのために水路を切り開き、いかずちの光のためにひねもす殺されてエサウの山から断ち除かれる。これが悲しみの言葉、また悲しみの歌で、ヤシャルの書にのせて運びなさい。これはエドムびとハダデを起してはならず、夜よばわっても平安を得るからである、悪しき者は波の静まったのをあなたがたは命令を下した、『エルサレムにある神のこの宮をもとの所へつかわした。ウリヤがダビデの所から運び去られ、神に尋ねた、「キムハムはわたしと従者たちは要害におり、民は声

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる