ふるさと納税で日本を元気に!

郷古寛士さんに送る雅歌

郷古寛士さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

たことを目で見た。神は荒野に道を設け、タボルの上に傾けて彼らを救い、敵の地からきた預言者のすべての船員とは、なお一つの災をもって迫らなければ、あの人の顔、第四にイッサカル、すなわちイッサカルの子孫からは三千六百頭、小羊、あるいは雄やぎのように動かし、そのもものゆえに心みだれ、濃き酒をまぜ合わせることのない丸い杯のごとく、坂に流れる水のようだからであるならば忍ぶことができなければ、家は立たず、それを売り、彼らの憤りは解けた。ギデオンがこの言葉を聞かせよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる