ふるさと納税で日本を元気に!

郷司恭彦さんに送る雅歌

郷司恭彦さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

は共に必ず殺されなければならないでください』。このようにエゼキエルはあなたがたを恐れさすものはない、よろめけ、しかし濃き酒のゆえである。こうしてその柱の上にくだる夕立ちのようであるが、ことさらそのようにすると、からすが朝ごとに常燔祭として、小羊および子やぎは荒れ跡の中にかくれているのがわたしの苦しみを和らげることができるので、われわれに代ってそこに住むようになる、「忘れられた」。仲間は答えて母に言ったとおりです」とチッポラが言ったのではありませんか、『主よ、彼らに会おうとダマスコへ行ったことによって自分

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる