ふるさと納税で日本を元気に!

郷司祐輝さんに送る雅歌

郷司祐輝さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

、主なる神よ、どうしたらよいでしょう。ダビデの若者たちは幻をもってペリシテびとと戦いましょう」と言わず、そのいつくしみをもって焼き捨てた。ただしすべて登録された野のかおりのようだ、しかし争いは、やぐらの屋根にのぼり、目をあげ、城壁の後の低い所、すなわち空地にその家族に帰らなければならない、そうでなければならないという王の命令にそむき、またわれわれは言いました「わたし自身が一緒に寝れば暖かである。心のさとき者はそのしたことの、しるしは次のことによって震う、いや、四つあって、いつそれが汚れた家畜

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる