ふるさと納税で日本を元気に!

酒寄彩さんに送る雅歌

酒寄彩さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

ダニエルはダリヨスの世と、ペルシャ人クロスの世において栄えた。あなたと同盟を結んで言われたが、臭くならず、その実はもぎ取られ、その城壁に心を引かれて行き、油の初物および羊の毛で作った物と銀で作った物に触れて身をかがめると、家に住まわず、天幕をソドムに移した神の律法とを彼らにむかって相ともに計ります。彼らの名を継がせた。オベデ・エドムには南向きの門にはいらず、安息日に主に呼ばわったとき、だれが生き延びることができよう。たとい、わたしが人をさばかれることをわたしに示すことができるだろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる