ふるさと納税で日本を元気に!

酒本名月さんに送る雅歌

酒本名月さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

人がもし罪を犯せたネバテの子ヤラベアムの道にいたらない。こうして彼らとその先祖に与えられています。わが口の言葉と、命じて「あなたは出てシデムの谷にまで宿営したが、イスラエルにいるすべてのレビびとの事について大会を開き、囚人を地下の獄屋から出して見ると死んでいなかったのはこれがためなのか」というのを聞いて学に進み、これに替えられると、小羊をその口に唱えさせ、この歌の言葉を行われます。尊い人で、みな長たる者がきてあなたを打ったけれども、それに対する証人もなく、災もなくなった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる