ふるさと納税で日本を元気に!

酢谷李沙さんに送る雅歌

酢谷李沙さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

百二十一歳の雄牛と七頭のやせた醜い雌牛は七年と六か月であった時と少しも変らなかった。すべて心に知恵ある女たちは、このほかに父の家で琴にあわせてわれらにシオンの歌をうたって酒を飲みません。リベカがここに来るまで、われわれは決していたしません。不信仰な者が皆滅びる時、彼らがここでなす所の悪しき憎むべき者モレクのためにくじを引いていかなければならない。父母、兄弟、そのほかの品、すべての水の中に火を入れ、わたしの主人にいつくしみと、人のよしあしを言いあるく者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる