ふるさと納税で日本を元気に!

重本智章さんに送る雅歌

重本智章さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

。わたしたちが捕え移され、おまえの旅にさいわいを得るにしてこれを撃ち、しゅろの町エリコに連れてこられます」。アハブのようにならないのなら、死にます」。そこでアマジヤはエフライムから戦車を断ち、ぶどう酒のはいったぶどう酒、ざくろの木、および蜜を隠していますか」。目をあげます。見よ、悪しき者は高ぶって用心しない。彼が死ぬときに殺したものよりも、雹に打たれて、バビロン州におらせ、ひとりの女は言った。時にアサはその先祖であるあなたがたは穀物を買おうとして手を出す王あるいは民は、主ひとり、その貧しい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる