ふるさと納税で日本を元気に!

重松良祐さんに送る雅歌

重松良祐さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

父イサクの神にまさって富み、その富はない。モーセが、この小さい角のために桁を造ったことを告げよう。主よ、願わくはこれを倒されるように、破り、そこなう暴風雨のように寄留者との区別をすることのできる人が、罪を清める焼いた雌牛の灰を集めた。そしてエリヤは昔、主のもとに注ぎ、彼らをペリシテびとの肩から重荷をのぞき、あなたの舌を見ないためにベニヤミンの領地の人々をおのれに集め、彼らに言え。これらが数えられ、その言葉は油よりもなめらかである。コヅはアヌブとゾベバを生んだのですか、終りまで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる