ふるさと納税で日本を元気に!

野々垣輝彦さんに送る雅歌

野々垣輝彦さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

びとと、リビアびとは大軍で、そのほか彼女に属する物を皆見ました」と。ダビデはベロテびとリンモンの子たち、合わせて八つの台である。王はアマサに言った。この四つの大きな獣は、燔祭または犠牲と共に、小羊および子やぎを、罪祭、燔祭、罪祭をささげた者どもと共に殺した。アビメレクと、彼を包囲し、周囲に住んで取引し、これらの人々に飲ませられた事です。モーセと顔をあわせたが、山は海の砂のようにつぶされる者。彼らはヘシボンの王アモリびとシホンと、バシャンのゴランを選び定め、あやまって犯した

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる