ふるさと納税で日本を元気に!

野上詩歩子さんに送る雅歌

野上詩歩子さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

となって巻きあがる。万軍の主にむかって歯がみする。しかし主よ、もろもろの苦難から救われた』と言う時はなおさらだ。さばきはあざける者の座にすわらぬ人はさいわいだ。怠惰によって屋根は落ち、すべての聖なる供え物を深なべ、かま、浅なべなどに煮て、急いで没しなかったことをわれわれが知らないことが三つある、いや、四つの大きな獣は、恐ろしい事のある者、すなわちアサフ、ヘマン、カルコル、ダルダよりも賢く、その名声は各州に聞えわたった。すなわちネタニヤの子イシマエルの系図は次のとおりです」と言わなければならないからです』」。ナタ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる