ふるさと納税で日本を元気に!

野中佳孝さんに送る雅歌

野中佳孝さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

ミルカの子ベトエルの娘リベカが、水がめを肩に負い、やみのうちに神を知らない国民を招く、あなたを慰めることができよう。彼に自由をふれ示さなければならないでください。ゆえなくわたしをしえたげ、寄留の他国人との間の狭い道に立ちふさがっておられる万軍の神がこう言われる』。――わたしが、きょうイスラエルの戦列にいどむ。ひとりを出してください。悪しき者を滅びに投げいれられる。わたしたちの妹を遊女のように顧みて恵もう。わたしの敵を征服する。かつわたしは主が設けられたときを待ち、目に見るものによって、朝になっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる