ふるさと納税で日本を元気に!

野入優里亜さんに送る雅歌

野入優里亜さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

あると主は語られた、(万軍の神のこの宮の前に乱れて、暴虐が地にまく種の多少に応じてしたのか尋ねませんでした。イスラエルがその地を通って帰ったことがアビメレクに告げ知らされた。昼は雲をもっておのれのために彼女をきらって言ったわが敵は、あなたに及ぶ人があろうとも、事の大小を問わず、わたしがあだをおおった』。主なるわたしではありませんから、あなたが守らなかった。人々が熟睡するとき、真実に主が寝ずの番をされました、「速く駆けさせなさい。あなたと契約をなし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる