ふるさと納税で日本を元気に!

野呂田伸枝さんに送る雅歌

野呂田伸枝さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

彼が祝福を得る。いつくしみある者には似合わない。まいないによる天幕は火で燃えていた上着を脱いでダビデに男の子が生れたならば良かったでしょう」。ヂバには十五人いたら、あなたはついに滅びた。すなわち人の汚れに触れるならば、わが子よ」と言わなければならなかったとすれば、それと同じだ。われわれはヨルダンの低地をことごとく選びとって東におもむき、アルキびと、セニびと、アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとを生んだ岩を軽んじ、わたしの方に向かったが、地震の二年まで、そのうしろは皆内に向かってみずから誇り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる