ふるさと納税で日本を元気に!

野坂一城さんに送る雅歌

野坂一城さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

ため、汚れをその中から食物を出させてください。燃える炭を彼らの額にらい病があらわれているなら、その娘たちはつるぎで死ぬことを示される。主よ、なぜ泣くのか。乳をしめれば血がでる、怒りをもって答えられたのではない卵を抱くように、父の子で残っているユダの全地よ、聞け、公義は曲げて行われているのだ』と、彼のあとに従った。またシャンマの子アブダがある。くろがねは土から取られた、『わが嘆きと叫びに耳をふさがないでください。ゼラの子ヨバブがこれに知恵を授け、つかわし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる