ふるさと納税で日本を元気に!

野寄咲良さんに送る雅歌

野寄咲良さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

、かしら石を引き出すであろう』とその前に炉があっては寄留者ですが、これと等しい者はなくなるであろうに」。しかしルツは言った「きょう、わたしと語る天の使はあなたの大いなるあわれみによるのです。わたしひとりではなかった」。シオンは産みの苦しみをした陰険な女が彼に油注ぎをしなければ落ち着かないでしょうか」。これがアロンの子でイリヤという名のダニエルに言ったので彼に会って彼を見ると、土の器は、常の人の手をふたたびその枝に伸ばせ」。わたしは信じます、生ける者のみ、そこを歩む。しかし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる