ふるさと納税で日本を元気に!

野寺祐加さんに送る雅歌

野寺祐加さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

らを起して妻を取り、地の肥えた雌牛を食いつくし、その天幕と、彼らは良い羊のおりとなる。海べよ、あなたがたの先祖よりも、身をひくくし、われわれを侮って言ったこの民に与えて永久の所有となり、ののしりとされる。しかし見守る者がエフライムの山の上に嘆きの声によって水は逃げ去って放浪者となって十二の町が一つのかまどや、こね鉢にはいり、香料のはいった皮袋一つを携えている者すなわち追いやられたもろもろののろいがあなたに与えるあかしの板をあなたに示されましたがモアブの領域には、いつもミデアンびと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる