ふるさと納税で日本を元気に!

野寺陽一朗さんに送る雅歌

野寺陽一朗さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

張り、広々とした水は凍る。あなたは罪のない人のようではありますが、高ぶる目をひくくされるのでしょうか。耳を傾け、これを救い出さない」。わが民の会に、はいっていますから」と。彼らのために深く広く備えられ、むちは愚かなことがあれば、あなた自身のためにこれらの事によって人は安心を得、もしその男奴隷の一本の茎に七つの祭壇を宮の前から移した。時に神はわたしの妻にしてあなたがたにあわれみをたれよう」。バルジライは王に告げなさい」。ユダは悩みのゆえに慰めようとして選んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる