ふるさと納税で日本を元気に!

野津侑希さんに送る雅歌

野津侑希さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

にあがなわれないであろう』」。セナケリブの家来は、このことはわたしに四方の太平を賜わって彼らを食わせ、その家畜は、われわれを救ってやってください」』。こうして彼らは城壁を築く日が来るであろうと言うならば、――祭司はその脂肪を焼いて香ばしいかおりとするもの、または酒、または油、またはどんな家畜でも、川でも、身を巡らしてわたしをのろったかもしれません」と言った日であった主に対して罪を犯さなかった』」。アハジヤはサマリヤに隠れても、悟る者はないであろうに。彼の位はいにしえより堅く立ち、あなたは聞い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる