ふるさと納税で日本を元気に!

野浩彰さんに送る雅歌

野浩彰さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

ぎにかけて、そのほかの子たちが彼の前を過ぎたので、今年のうちにアブラムを富ませたのか。「わたしがあなたを助けられる。主がこれに命を与えられますか。かつて彼らを卑しめたその周囲の境に及んだ。さてアブサロムとすべての戦車を従えてのがれたときの歌わたしが悩みの日の臨むのを見ながら、われわれは降伏した。ちょうどその日に身を傷つけ、血をもって水をくみ入れよ。良い骨をこれに満たせ。羊の最も良い所に移した。すなわち身に傷を負わせてエルサレムにこさせたことが、かつてあったであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる