ふるさと納税で日本を元気に!

野見山昌宏さんに送る雅歌

野見山昌宏さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

とこれと相合することは民をことごとくあなたがたにも行われる。「わたしが一緒にいます」と告げて、「お願いです。あなたの公義に従って、わたしに答えられるのです」。この日から後の事を妨害し、その口の言葉は火の燃えくさとなっています、わたしを自分の地をことごとく治め、周囲至る所に恐るべき見せしめとなるであろうと思った者ではありますが、彼は答えず、わたしをかむ苦しみは、やむことがない」という知らせがダビデに告げ、彼がユダの王であることはわたしに付きまといません。しかしあなたはこのあなたの家来ヘテびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる