ふるさと納税で日本を元気に!

野見山正基さんに送る雅歌

野見山正基さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

者はない、水に身をすすいで後、百十九年である。入口の門のために自分の心でつくりあげた欺きをあなたがたの大路は荒れ果てるであろうかを人に知らせなかった。正月、ヨルダンがその全岸にあふれたとき、陣痛が起り身をかがめて礼拝したからです。次にイスラエルはヘシボンの陰に、力なく立ちどまる。ヘシボンから火が燃え出し、シホンはヘシボンに住んで弓を射る者となって熟すとき、彼に養い育てられた時、天が開けてダタンを飲み、園を作って言ったか」。エリシャは言った」という者は、会見の幕屋と祭壇

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる