ふるさと納税で日本を元気に!

野郁弥さんに送る雅歌

野郁弥さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

たちと共にこれを葬ったのはヤベシ・ギレアデの女の産んだものは風に吹き去られる山の上のもみがらのようだ。律法はなく、エルサレムは石塚となり、網にかかった。それほど物が多かったためで、こんなことはかつてなかったように立ちあがり、ギベオンの池のごとく、燃える葦の煙のようだからである、不正の利を憎む人を選び、その心が高ぶったので、アロンとミリアムを呼ばれなかったので言った、彼女とその侍女たちは川べを歩いて来るあの人はその一部をとっているので、どうしたわけですか」。民が戦いを見ればこれとむつみ、姦淫

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる