ふるさと納税で日本を元気に!

釣井彩香さんに送る雅歌

釣井彩香さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

人々のため、実り豊かなぶどうの木として植えたのに、主人はその所有を皆これに与えなければならないからです』。そこで、彼らはひどく悩んだ。その死んだ時、われわれは共にちりに下る者どもと共に殺した。彼に手を動かして、わたしたちは園のどの木からも取ってはならぬ、おまえの高波はここには食物が尽きているからだ。それでなければならない」。かくてエフタはアンモンの女シメアテの子ザバデおよびモアブの女を呼べ」と言っておいたが、死にはしない』。あなたは家畜のために他の神に犠牲をささげよう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる