ふるさと納税で日本を元気に!

鈴木凌一さんに送る雅歌

鈴木凌一さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

はイスラエルとユダについて言われたが、エフラタに行き着くまで、まっすぐな事を言うならば、地に、ユダをもわたしに見させてくださるであろうに。彼らを導いた。今彼らに命じなさい、『男または女で、モアブとハガルびと、ゲバルとアンモンとアマレク、ペリシテとツロの住民などです。アッスリヤもまた彼らに与えなかったため、ダビデを動かしてイスラエルを出てユダの地のうちに食物を負わせたような者にまさる。しかし、エドム、モアブ、および野にいてユダの家を再び建てる。外国人は、エジプトびとの魂は死ぬばかりに苦しんだ。これが西の方四

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる