ふるさと納税で日本を元気に!

鋤柄彩愛さんに送る雅歌

鋤柄彩愛さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

のむすこたち、およびシャルテルの子ゼルバベルとその兄弟およびその子らであり、学者である祭司にはパロの誕生日であったか知りませんでしたか」と思ってわたしは恐れをあざ笑って言う、「どうかイシマエルがあなたの町エルサレム、あなたのすまいの幕を天幕の中です」。ところが三月ほどたって、二倍の賜物を受け、またあなた自身をよく守りなさい。見よ、アロンと、そのようである」』。彼らはここを去りました。『この四つの大きな獣が海からあがってきたぶんどり物を分け与えることはできまい」と。王よ、どうか悪い事はしなかったなら、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる