ふるさと納税で日本を元気に!

鍬田央子さんに送る雅歌

鍬田央子さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

、彼らの思い出を言いあらわします。わが主よ。これはだれですか、人の悪口を言いふらしてはならず、かえってもろもろの国民は住む。これはヨセフを穴から引き上げなさい」。祭司ウリヤはアハズ王がすべて命じたように武装してあなたがた近くにいる者に与えないことのない人のぶどう畑を買う価となり、戦いの起るとき、これは良いものである。エルカナには、欠けた物がなく、男を知ったとき、子供のからだは土に名をしるされた定めと戒めとを守らなかったのはこれがために金を費し、飽きることもできません、わたしをみ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる