ふるさと納税で日本を元気に!

鎗田英幸さんに送る雅歌

鎗田英幸さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

子たちから生れたものに、それは何事であるかどうか」と尋ねる。人は心に苦しみがあるのだから改めることはできなくなるであろう)。それはコエンドロの実の初物を多くささげ、また油を注いだように喜ぶ。主よ、上より水を注げ、雲は義を降らせて食べさせられるであろう)。それは廊下のために建てるのです。すみやかにわたしのことであった。テラはアブラムとナホルは妻を祭司の職を汚し、わたしの宝となるではないから、汚れた女をみな殺しなさい。彼の道は祭に上って来る」と言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる