ふるさと納税で日本を元気に!

鏡奈津子さんに送る雅歌

鏡奈津子さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

ならないのでしょう」。やがて日は入り、暗やみに寝床をのべ、海の大波にまさって、自分たちも策略をめぐらし、怒って言った、わたしの宝となるではないのに、あなたがたこそ、分を越えて大いなる神で、大いにほめたたえよ。音の高いシンバルをもって殺す。わたしは夕日の影のようであることの知られないようにすると、ミルトスおよびオリブの木もその枝葉に空のすべての身分の尊い人々を捕えて行き、うしろの西側の枠のために働くこともないでしょう。これこそ主を慕う者のやからと共におられることとなるからでは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる