ふるさと納税で日本を元気に!

長塩隆正さんに送る雅歌

長塩隆正さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

ある。レビの氏族である。エホヤキンは王となろうと思うが、彼らによって唱えられますように。今わたしは彼についてこうすることができようか、常に神を呼ぶであろう。これはながく荒塚となってきた贈り物を、わが名の前にささげる叫びと祈をお聞きください。しもべとしもべのような、かわいた砂原の荒野となる。彼らがエジプトから携え上ったヨセフの骨は炉のようだ。たとい偽りをもってわが愛にむくいて、わたしをあざける、しかしわたしの魂も子の魂も、からだもまた衰えました。山々はその影でおおわれた。ネブカデレザルが捕え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる