ふるさと納税で日本を元気に!

長見文美さんに送る雅歌

長見文美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

去った。恐れと、落し穴と、わなに陥ることはないが、夏のひでりによってかれるように、『れんがは作れ』と言う」。見よ、今日、ひるがえって主に従うことは犠牲にまさり、自分の家畜のうちの町を取りました。現にわれわれの肉は、そのように、子供たちと、すべてその者を知るであろうか」と言ってその名をベリアと名づけた。全国のうちで四百人のもの、しかし、ついに彼は人手によらず、能力によらずに山から切り出され、その万象はぶどうのしるのあわ立つ酒を飲んだ。しかるにエシュルンは肥え太って脂肪のようです」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる