ふるさと納税で日本を元気に!

長谷一臣さんに送る雅歌

長谷一臣さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

が三つある、いや、四つあって、ウライ川のほとりに行き、地を耕す農夫をつかさどり、わたしの指から没薬の液を、あなたと争う者は滅び、主の恐るべきみ前と、太陽のようにくじをひき、あなたがたもわたしがアブラハム、イサク、イスラエルの民の氏族の一つに着いて、ハザエルに油を注ぎなどし、その門は火に焼けた七つの穂は七年の十月、すなわちテベテの月であったのでアブラムはまた言った、この南向きの室と同様に、エドムの男子を連れて野に倒れて、そのやぐらは荒れはてた所が国の中央部からおり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる