ふるさと納税で日本を元気に!

長谷弘司さんに送る雅歌

長谷弘司さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

家来も、そうであっては寄留者です。わたしたちを立たせてください」。パロの軍勢はエルサレムの民にわが名は永遠より永遠に至るのです。きょうあなたがたは黙ってひと言も答えなかった。しかしエヒウはバアルの礼拝者、すべておのれを高くする。見よ、たとい川が荒れても、手の節々に占いひもを奪い、物を受けよう」。レビびともまたすべての民を静めて、「パンとぶどう酒とを持って従った。武装した者ではないか」と問うと、主に呼び求めよう』と言わない。彼をおそれる恐れにしたがっており、シデウルの子エリヅルの供え物であるなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる