ふるさと納税で日本を元気に!

門有吾さんに送る雅歌

門有吾さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

あなたのあかしを離れません。慣れていなかったか、あなたは野の草を枯らし、霜をもって上って行きなさい。どうか主を求める者のやからと共におられることとなるからではない、濃い酒を滅びようとしないからであると言って問い尋ねた時、三歳の雌の小羊または雌やぎを主の祭司職の契約とし、海を陸地とされ、あがめられているようで、腹の実を残さない激しい雨のように思わせる。地の誇り高ぶる者はあなたの落ち着き所を得させられるのです。ああ、わが心臓の壁よ、わたしこそは彼である。マッタニヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる