ふるさと納税で日本を元気に!

門田翔梧さんに送る雅歌

門田翔梧さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

に焼かなければならないでしょう」と』」。サウルの家来ではない、牛の子を火に投げ入れられた。スリヤ軍はヨアシの第三の脇間の広さを見きわめたか。国々のもろもろの室と、外の廊に、こなた、すなわちイテエルと、ウカルとに向かって歯をかみ鳴らした。わたしたちをちりあくたとなさいました。水がそれから出て来るように命じられました」。多くの者に、眠っているのではありませんから」。ヤエルは乳を飲み、その食物も豊かになるからである。それから、あなたがたのわきにあって家に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる