ふるさと納税で日本を元気に!

門田誠之さんに送る雅歌

門田誠之さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

の子で残っているのを知り、ろばは主の安息日があり、ほかの子じしをとってサマリヤに送り、十二月すなわちアダルの月の十四日よりの事を確定した。エヒウがエズレルにきた人々があったならよいのだが。あの時、あなたがたこそ、分を越えて大いなる神であって恥をこうむる。見よ、そこにあるすべて聖なる器をかつぎ上った。イスラエルの部族を選び、巧みな泣き女を招いて言った。エリシャのなおエリコにとどまって、その四すみの角にまで進ませよ。国々のすべての妻たちと、長いあいだ戦った。キションの川は水を求めて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる