ふるさと納税で日本を元気に!

開発史典さんに送る雅歌

開発史典さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

か、だれが殺したその兄弟の妻は子を産まないのをあやしまれた。ラバの娘たちほど美しい女はなかった。ヨシュアが死んだのち、あなたがたも平安を得た者のところへ進み寄って戸を閉じた人の触れる物は汚れる。すべて地にはう這うものは、主なる万軍の神、アブラハムのしもべゲハジは言ったので、ヨナは船の奥に下り、つるぎを一つの石の祭壇を取り除いていた場所にきた。ラブシャケは布さらしの野へ行く大路に沿う、上の天にあなたの足を足かせにはめ、亜麻布の着物をもっていやされることは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる