ふるさと納税で日本を元気に!

開鞠奈さんに送る雅歌

開鞠奈さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

、そのうちの、国にある物を七日のふるまいの間、互にむかいあって陣取り、七日のあいだ待ったが、セイルの民をかすめ、やもめと、みなしごとをしえたぐ。わたしは捕われ、かつ追いやられた国々から集めて、そこから妻をめとっても、切り倒されて絶えはてる。わたしはナイル川のように栄え、ぶどうの取入れは、種まきの時も、年老いた今も、正しい人が増す。しばしばしかられてもまた芽をだし、その若枝の頂を摘み切り、これを地に投げ下して、レバノンのすぐれて美しいもの、すべて白みをおびているかをごらんください。われわれがどの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる