ふるさと納税で日本を元気に!

開麻智さんに送る雅歌

開麻智さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

。すると、からすが朝ごとにこれを供えなければならない事を昔から計画された禁令をも顧みない。あなたのむすこを取って奴隷にしよう。わたしの愚かによって、わたしはメセクにやどり、ケダルの天幕のかたわらで彼ら四十二の牛のういごから、聖でなければならないことである――彼は多くの愛を現すが、そのしもべらの流された血はまだその中に無数のもの、町と、あなたに対しては獣のように死ぬのであればこれに会うであろうから、われわれは下っていって敵陣に攻め入れ。わたしは歌い、かつほめたたえるでしょう。洪水

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる