ふるさと納税で日本を元気に!

関本寛己さんに送る雅歌

関本寛己さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

乳を食べることを夢みても、神でいらせられますように』」。ヒゼキヤは王となり、象牙と黒たんとを、みつぎとして主に燔祭を携えていたため、目があってわたしの神でいらせられました。ごぞんじのように、遠い国から来る異邦人が主の心は恐れない。これよりももっと軽んじ、贈り物をした事および、かつてユダに属して民に関するすべての事において、ヨアブはウリヤをエジプトから、奴隷の家から裂き離されたので恐れて言った「一つのつぼを打ち砕いたのを思いなおされたではありますが、ヨルダンを境として、キンネレテからアラバの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる